思い出の形とは?大量の昔の写真たちをどうする?

娘が産まれたあと、
どんなに小さな動きや表情も残しておきたくて
毎日たくさんデジカメで写真を撮りました。

だんだんデジカメからスマホになって、
ますます写真として印刷する頻度も減りました。

娘が小学生になってからは、写真を撮ることすら減ってますね。
カメラを向けると逃げるお年頃(笑)

実家から離れて暮らしていたので、
印刷してアルバムにして両家に送ったりもしていたけれど、
それも年々やらなくなりました。

今では、スマホの機種変更でデータがなくなってしまったものも…

自動でクラウド保存するように設定しているけど、
過去の写真を見返すことも少なくなってるなぁと思うのです。

1076689_s

皆さんは、子どもの写真や家族写真、
どのように管理されていますか?

写真を見返すこと、どれくらいありますか?

目次

残された古い写真たち

祖父母が亡くなり、我が家には大量の古い写真が残されました。
父も亡くなっているので、尚更写真に写っている人が誰なのか、
どこで撮られたものなのか、わかりません。

古いモノクロの写真たち。

祖父母が若いころの写真。

曾祖母の若いころの写真も出てきた!

一般家庭にカメラが普及してから、
どんどん増えていく写真(アルバム)。

現在は、物質的な写真からデータに変わっていっていて、

形を変えて、過去の思い出(記録)が残されています。

これらの思い出(記録)の在り方は、
後に残された人たちが、どうしたらいいのか向き合わないといけません。

そうじゃないと、延々と蓄積されていってしまいますから…。

3941041_s

 

自分の写真をどうするか考える

父が写ってる写真は、母が整理すると言っています。
これは、もうお任せするしかない。

じゃあ、自分が写ってる写真はどうするか?

両親も転勤で北海道から離れて暮らしていたので、
私が小さいころの写真は、自分の家だけではなく、両家の祖父母の家にも送られていました。
現在は、それらも我が家に戻されていて、
同じアルバムが3冊あるものもあるそう…

小学校に入って北海道に戻ってきてからの写真は、
各個人で管理していたけど、私は結婚前に手放しました。
だから残ってるのは幼少期の写真だけかな。

幼少期、あまり良い記憶がないので、手放すことに悔いはないけど、
今はもう会えない祖父母や父が一緒に写っている写真を見ると、
残しておきたくもなります。

写真を見ても、記憶の中にちっとも思い出せない写真ばかりなのですが…

これから年を重ねるとそういうことも増えるかな。

それも見越して、現物をデータ化して残しておくのもありかな。

写真を整理することは、自分の過去の記憶とも向き合うようで、
思い出したくない記憶もよみがえります。

逆に、忘れていたけど楽しかった思い出も、懐かしく思います。

両親が撮ってくれた写真を、大人になってから見ると、
親になった今だからこそ、愛情を感じるようになりました。
ますます手放せなくなる?!

でも、この写真をどうするかは、やっぱり私が決めようと思います。

私がこの世からいなくなった時、残された物を片付けるのは一人娘だから。
娘が、私の物の整理に困らないようにしてあげたいです。

娘が私の小さい頃の写真を見て、残しておきたい!と思うか?
いやいや、それはないでしょ(笑)

新たな課題は娘の写真

私が好きなOUR HOMEのEmiさんの写真整理で、
お子さんの写真を1年に1冊のアルバムに整理するという方法が
素敵だなと思って、アルバムに娘の写真を保存しています。

 

 

でも、先述した通り、

スマホになってから写真を印刷する頻度も
娘の写真を撮る頻度もすっかり減ってしまって、
一年に一冊のアルバム作りは中断したままです。

それでも5冊くらいはあります。

これらも、このまま残すか、データ化してしまうか…

アルバムにするメリットは、いつでも見たいときにすぐ見れるところ

データ化しても同じように、すぐ見られる状態に出来るかどうかが、
今後の課題なのかもしれません。

もう少し時間がたって、
画期的な写真管理の方法が生まれることを願って、
思い出の写真と向き合う状態は続きそうです。(笑)

それでは、また。

最後まで読んでいただきありがとうございます。
このブログの更新情報が、LINEで受け取れます。
↓↓↓

ブログ村ランキングに登録中。
読者登録、応援して下さると嬉しいです。

Brighter Jounal-子育てママの理想の暮らしを応援 - にほんブログ村

コチラのバナーをクリックするとランキングポイントが入ります↓

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる