【運動会】一位じゃないとほめられないの?

2000314_s

毎年春、5月頃に行われていた運動会が、
今年はコロナの臨時休校等によって、
大幅に縮小した形で開催されました。

数日、天気が不安定で、午後から雨予報。
どんよりした肌寒い天気だったけど、
午後からの高学年もなんとか開催されて、本当に良かった!

娘は7月に転校してきたので、
大きな学校行事は運動会が初めてです。

参観日も面談もなくなってしまって、
私も学校行事に行けるのが楽しみでした。

でも・・・

「ママ、運動会に来ないで!」

運動会の練習が始まった早い段階から、
当日の朝まで言われてました(涙

いつもは、見ててね!と、それなりに嬉しそうにしてたのに、

なんだか今年は様子が違うのです。

運動会だけじゃなくて、
昨年の後半の習い事の大会あたりから、
気持ちが最後まで続かなくなってしまうようになっていました。

(これには、思い当たる節があるのですが…)

娘の折曲がってしまった気持ちを持ち上げるには、
やっぱり娘本人が気づいて、
自分で立ち上がるしかないのです。

母親である私ができることは、
娘の気持ちに寄り添って、手助けをしてあげること。

目次

どうして来てほしくないの?

娘に、「来ないで」と言われるたびに、
どうして来てほしくないのか、理由を聞きました。

何度も、何度も。

ポツリ、ポツリと、出てくる言葉たち。

徒競走で1位になりたいけど、他の子が速くて1位になれない

練習で頑張っても、ビリに近い順位だから見られたくない

追いつけないとわかると、途中であきらめてしまう

でも、こんな状態から、
一緒にノートを通して解決を探っていきました。

本当の気持ちからわかる本音

1位になれなくて悲しいのは、なぜ?

  • 1位になる姿を見せて、ママに褒められたい。
  • クラスの友達も速くて、
    1位とか2位じゃないと、迷惑かけちゃうかも…
  • 白組、勝ってほしい。

子どもの世界はまだまだ小さくて、
家族と友達、学校などのコミュニティがすべてなんですよね。

だから、そのコミュニティの中でのポジションが
すごく大事なように思ってしまうようです。

自分に出来ることを考える

娘の本当のゴールをまとめると、こんな感じ。

・徒競走で1位になりたい
・白組の勝利に貢献したい
・ママに褒めてもらいたい

このままモヤモヤ、頭で考えていても仕方ないので、
これらを解消するために出来ることを一緒に考えました。

徒競走で1位になるには、どうしたらいいかな?

白組が勝つには、どうしたらいいのかな?

ママに褒めてもらうには…?

一つ目と二つ目は、練習をする!と決めて、
夕方暗くなる前に、家の近くで走る練習をしました。

運動会の徒競走で、自主練してる子、どれくらいいるんだろ?
私は、娘の頑張る姿を見てるだけで胸がいっぱいになります!

もう、それだけで大きな花丸つけてあげたい!

三つ目については、娘と話をして誤解を解いていくことにしました。

以前、習い事の大会の時に、
大会に向けて練習を積んできたのに、初戦で負けました。
前年までは、負け知らずの大会だったのです。

その結果だけを見て、夫が、

なんで練習ちゃんとしなかった?
他の子の方が、上達してる
最初から気持ちで負けてた気がする…などなど、

負けて一番悔しい思いをしてるのは娘なのに、
さらに追い打ちをかけるように追い詰めてしまったのです。

それからは、もう大会には出ないと言い、
練習の本気度も下がり、コロナで練習量も減って…
とうとう引っ越し前に辞めることになりました。

そんな経緯があったので、
徒競走で1位にならないと褒めてもらえない…
練習で一生懸命頑張っても、勝てなきゃ意味がないと思い込んでいました。

小学4年生で、結果が出なきゃやる意味ないと言って、
最初からあきらめてしまうなんて、悲しすぎます。

一位になったら、それは嬉しいだろうけど、
それだけじゃないんだよ、
本番に向けてどれくらい努力をして、
本番で全力を尽くすことができたかが大事なんだよと、
娘に言い続けました。

そうして、前日にようやく、招待状をもらいました♪

632AAB57-AD49-4E71-94CA-BC73A568E463

ほしい結果も引き寄せる

E57B8906-E980-4280-BE4B-2F65E732206B

徒競走の結果は、2位でした~!!!

練習では、4位か5位ばかりだったそうなんですが、
最後まで胸を張ってゴールをしたら、
2位だったから、びっくりした!と本人も驚いていました。笑

1位になれると思ってスタートできなかったけど、
1位になりたいと言って練習をした成果は、
ちゃんと引き寄せたんじゃないかなと思います。

夜、寝るときも、

「1位なれなかったな…でも2位だったね!」と、

ちょっと満足そうに言ってました。

9DA565AD-416E-4C4D-84C6-F28AD9884D70

娘と書いた方眼ノート!

出来ない…とあきらめてしまう前に、きっと出来ることがある!

欲しい結果を引き寄せたいなら、
自分の思考と感情を整理してみるといいですよ。

最後まで読んでいただきありがとうございます。
このブログの更新情報が、LINEで受け取れます。
↓↓↓

ブログ村ランキングに登録中。
読者登録、応援して下さると嬉しいです。

Brighter Jounal-子育てママの理想の暮らしを応援 - にほんブログ村


にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる